乳首 長い 対策

乳首が長い人の授乳の対策について

 

乳首 長い 対策

 

乳首が長い人は、赤ちゃんに授乳をする際に、痛みを感じやすくなっています。

 

赤ちゃんへの授乳は、子育てには欠かすことができないような行為であるため、続けていく必要がありますが、痛いまま続けることは非常に苦痛なことになってしまうため、しっかりとした対策をすることが重要です。

 

乳首が長い人の痛みに関するケア方法は、

 

乳頭マッサージをすることや、
授乳の際に赤ちゃんに乳首は深く含ませること、
乳首を授乳の時に離す際に指を添えること、
赤ちゃんの抱き方を変えること

 

などがあります。

 

乳頭のマッサージは、授乳の前に、おっぱい全体をマッサージしてあげることによって、乳頭が柔らかくなり、痛みを大幅に軽減することができるため、効果が出やすくなっています。

 

授乳時に市販の乳頭保護キャップを使うことも効果的な対策になっていて、薬を塗らないようにして、しっかりと痛みに関する対策をとることで、お母さんのストレスを軽減することが大事になっています。


このページの先頭へ戻る